映像配信はこちら(毎週金曜夜8時から放送)  映像配信過去ログはこちら
リレー小説その2
2011/07/15 21:17
こんばんは、リエです。
だんでぃさんからバトンタッチされたリレー小説の続きです。
文章を書くのがものすごく苦手なんですが、頑張って書いてみました。

------------------------


ポタリ。

こめかみから吹き出した汗が書類に落ちた瞬間、皆がはっとしたように目を見合わせた。

「これ、俺らなんかが見ちゃまずい書類なんじゃないか?」
「いや、そりゃそうだろうけど…」

そんなことはここに居る4人皆が分かっていることだ。しかしこの書類を見つけてしまった以上、俺はこのまま書類を放置しておこうなどとは微塵も思わなかった。
俺は2枚目の書類をしばし睨みつけて、先程から疑問に思っていたことを口にした。

「…始末書についてはともかく、この2枚目の倉庫群の地図、どこだと思う?」

始末書と共にホチキスで止めてあるのだから、始末書と何らかの関係がある地図なのだろう。しかし、この2枚の紙切れに関連性を見出すのは至難の業ではないかと思える程に、1枚目と2枚目の書類には何も関連付けられるような事柄は書かれていなかった。唯一手がかりとなりそうな情報は、この港の倉庫街の地図と「孫悟空」の文字だけだった。この倉庫街の場所まで行けば、1枚目の始末書と結びつく何らかの情報が得られるかも知れないと思ったが、俺の思考はそこで途切れざるを得なかった。

「この街の地図では無さそうだな」

そう、少なくとも港の倉庫群なんてこの街には無かった筈だ。
俺の住む街は海に隣接している場所ではないし、近隣の山脈からのフェーン現象と都心のヒートアイランド現象で日本で一番暑い土地と呼ばれることもある位だ。
今もジリジリと照りつける太陽で肌が焼けていくような感覚がある。
手の平の汗で湿ってきた書類を握り締めながら、探偵ごっこはもうおしまいか?と思い始めた時だった。

「…でも、なんで孫悟空?」

目の前に居たやつが、俺が暑さで忘れかけていた疑問を呼び起こしてくれた。
そうだ、何で孫悟空なんだ?
そう思った瞬間、今まで黙りこくっていたナオトが口を開いた。

「なぁ、この文字、何かおかしくないか?」

ナオトは俺たち4人の中で一番成績優秀で頭の切れるヤツだ。そんなナオトが何かに気づいたことで、皆が身を乗り出すように書類を覗き込んだ。ナオトの人差し指が書類の端に書かれた「孫悟空」の文字をなぞるように動く。

「ほら、ここ。”そんごくう”と読むには少し間が空きすぎじゃないか?」

たしかに、パッと見る限り「孫悟空」に見えていたが、よくよく見れば見るほど、それは脳内で個別に分解され、「孫悟空」という文字では無い気がしてきた。

「これは… 子 系 小 吾 空?」

なるほど、確かに。言われてみれば「孫悟空」ではなく、ナオトが言う通り、何らかの漢字を使った暗号に見えなくもない。もしかしてこれは何かを隠蔽するための暗号なのだろうか?
一度萎んでしまった好奇心がまた鎌首をもたげてきた。何か面白いことが起こりそうな予感がする。こういう時、俺の予感は外れたことがない。
そこで間髪入れず、俺の期待に答ええるようにナオトが言い放った。

「それから、この港の倉庫街の地図。これ、もしかして地図じゃないんじゃないかな?」
「え?」

今までの予想から大きく外れた話に、俺たちは立ち尽くしてナオトを見つめ返すことしかできなかった。



------------------------

自分でもかなりのキラーパスだと思いますが、ヒマワリさんならきっと何とかしてくれる!…と思ってます(笑)
と言うわけで、来週はヒマワリさん編に続きます。

リエ
 |   |  |
イベント参加予定
10/30(日)のコミティア98に参加します!
サークル名:隊長とゆかいな仲間たち
スペース:え19b

是非お気軽に立ち寄ってみてください♪
このブログについて
☆このブログのあらすじ
毎週金曜日の夜8時~9時までの映像配信を中心にして、同人誌を作ってみたい!というブログです。
原作=ヒマワリ
コマ割リスト=だんでぃ
作画=リエ
映像配信はこちらよりご覧頂けます。

☆過去の配信を見るには
過去の映像配信はこちらよりご覧頂けます。
カレンダー
<< 2020/04 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
すぴばる




RSSフィード

T Y