プロフィール

だんでぃ

web拍手作った人
web拍手管理チームの一員

webデザイナーでミュージシャンだと言い張って聞かない36歳。

サイタマー出身

好きなもの
コーラ、PC

苦手なもの
トーク、運動全般
すぴばる
最新記事
リンク
カレンダー
<< 2019/04 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月間アーカイブ
QRコード
QR code
RSSフィード

T Y
血の気が引く瞬間
2005/11/13 01:34
本公開に向けて、ユーザーデータをバックアップするためのプログラムを作っていたのですが、その最中に全てのユーザーデータが消えるという恐ろしい事態が起きてしまいました。

幸い、製作中のバックアップシステムでほぼ全てのユーザーデータをバックアップしていたので、そこまで重大な事態には陥らなかったのですが、とは言え一部のユーザーさんのデータが復帰できない状態を引き起こしてしまい、管理人として申し訳なく思っています。


しかし、ユーザーデータが消えたことに気付いた瞬間は血の気が引きました。モニターテストを行って下さっているユーザーさんは今のところ2000弱という数なのですが、いくらテスト中とは言え、今まで築き上げてきた信頼を地に落としてしまうところでした。いやぁ恐ろしい。

これが、もし本稼動後で十数万のユーザーデータを消してしまったかと仮定すると心底怖くなります。最悪、データベースサーバーのハードディスクがクラッシュしたりしても、バックアップさえしっかり取っておけば丸1日程度かければ復旧できますが、バックアップが無かったらどうしようもありません。データのバックアップは本当に重要ですね。


さて、とんだトラブルはありましたが、いよいよ来週中にも本稼動ができそうです。

サーバーの負荷を色々と調べてみたのですが、プログラムの動作サーバーもデータベースサーバーも、最も負荷が掛かっているときでもCPU稼働率が1%にも達していないですし、回線の方も1日数百万からのアクセスに耐えられたので、バックボーン的な不安もほぼ解消されました。

毎回言ってる気がしますが、もうひと踏ん張りです。がんばりましょ〜